外観外観

夫婦+子供2人のための専用住宅です。

敷地は -谷・根・千- と言われる界隈にあり、古き良き趣のある住宅やお寺が多く点在する街で外国人も含めて週末には多くの観光客で賑わいます。

間口3.7m、11坪の敷地に屋上付きの3階建てを計画しました。
狭小空間を広く見せるために、水平および垂直方向に視線が通り抜けるよう、窓の配置、建具の高さおよび階段の造作等を考慮しました。
三方を隣接する建物に囲まれているため光と風の通り抜けを最優先に考えて、階段室南側にハイサイドサッシを設け、グレーチングの床を介して光と風が垂直方向に通り抜ける計画としました。
道路側には緑が茂げるお寺が望めるので、各階より借景することができます。特に屋上からの景観は住宅密集地であることを忘れてしまうほどです。

門型フレーム構法により、木造3階建てでありながらも1階ピロティの間口を大きく確保することができるとともに、建物のコストダウンにもつながりました。また構造耐力を確保しながら広がりのある空間に見せるために、スチールブレースを一部採用しています。

 
所在地 東京都文京区
竣工日 2013年4月
構 造 木造/3階建て
基 礎 回転貫入式の鋼管杭工法+
コンクリートベタ基礎
外 壁 金属系サイディング+
磁器質タイル張り+
窯業系サイディング
Bambooフローリング、
畳貼り、クッションフロア、
タイル貼り
ビニルクロス
天 井 ビニルクロス
1F 床面積 28.98m2
2F 床面積 28.98m2
3F 床面積 26.22m2
PHF 床面積 3.58m2
延べ床面積 87.76m2(26.54坪)

File NO.037

根津の家

Home > New House(新築) > File NO.037

視線、光、風の通り抜け

外観 玄関・ホール
階段室 階段室・DK  
DK 和室  
洋室 屋上  
概要 平面図  

<<File No.036File No.038>>

Photo:Kazuto Sakaiya 

Home > New House(新築) > File NO.037
Copyright 2003-2015 Miyavi Create Class1 Architect Firm all rights reserved.