外観
リビング1
リビング2
階段
 オーナーの要望が、”とにかく超ローコストで”という事だったので設計はシンプルに、施工も行いやすいようにと考えた。南側前面に広がる田園風景を借景し、開口部を大きく陶芸家であるオーナーのアトリエ、ディスプレイ、釜場を1Fに設け、2Fを住まいの空間とした。アプローチの床タイル、トイレの手洗器はオーナーの手作り。ディスプレイにも作品が並べられている。

1F床は、基礎をそのまま利用し土間コンクリートとし、開口部は南側に出来るだけ大きく多く設け明るい空間とした。構造的に失われる筋交いを外部に設け壁量を確保した。
屋根勾配をそのまま利用したホールは、明るく開放的に訪れる人を迎えてくれる。

2Fの住まいの空間は、屋根勾配を利用しロフトを設けた。ロフトからの見晴しは、特に素晴らしい。柱、梁を利用し、必要に応じて間仕切ることが出来、ライフスタイルの変化にもフレキシブルに対応できる計画とした。
 
所在地 埼玉県羽生市
構 造 木造軸組工法
基 礎 コンクリートベタ基礎
外 壁 サイディング縦貼り
土間コンクリート、
フローリング貼り
シナ合板目すかし貼りCL仕上、和紙クロス貼り
天 井 シナ合板目すかし貼りCL仕上
1F 床面積 122.56m2
2F 床面積 48.86m2
ロフト 14.90m2
延べ床面積 186.33m2
設 備 電気、ガス、給排水、空調換気、床暖房設備
リフォーム ショップ プロダクト

File NO.004

武州羽生の家

Home > New House(新築) > File NO.005

「新しい住まいの設計」平成13年6月号掲載

<<File No.003File No.005>>リフォーム編へ

Home > New House(新築) > File NO.005
 Copyright 2003 Miyavi Create Class1 Architect Firm all rights reserved.